2017年10月12日木曜日

乗車前のマナー:その1

いつしかブログにUPしようと思っていた話題なのですが...

最近・何度か「目に余る(ような)」お客様を目にしたもので、
「乗車前のマナー」について書かせていただきました。
※“マナー”なんてことを申し上げて...恐縮ですが。m(__)m

タクシーに乗車するには、
お客様の希望による迎え先に車両を配車する「無線配車」か、
通りすがる車両への挙手等による乗車希望へ対応する「流し」の
いずれかを利用することになると思います。

まずは(その)「流し」に係る“マナー”についてです。
例えば・大通り同士の交差点、
片側3車線の一番端→左折専用レーンを走行中での乗車希望。
※曲がる直前での挙手。

よくある光景のように見えますが...
結構これが「厄介」な問題を孕むことにも!

1つは(左折する)「流れ」を止めてしまうこと。
そして...(この「左折専用レーン」走行時において)“直進して!”と言われることがままあること。

左折専用レーンには「矢印式信号(機)」を伴う場合が多い。
※もしかすると“殆ど”?

出典:掲載イメージ ソニー損保(コミュニケーションサイト)/ 知らないと怖い!?矢印式信号機のある交差点

「矢印式信号(機)」は、
左折(右折)方向の「歩行者用信号(機)」と連動している場合も多く...
歩行者の保護を目的として、
「歩行者用信号(機)」が“赤”になった時点で、
「矢印式信号(機)」による車両の左(右)折が始まります。

一旦・開始されるとその「流れ」はそこそこ激しく、
ここで“乗車希望(挙手)されても...(^^;”といった状況になります。
そういった場合は、左折後(後方の安全を確認した後)・ご乗車を待つことにしていますが、
何かの理由で「詰まっている」場合etcは、その場でご乗車いただくこともあります。

そして...
その際に間々言われるのが、“(このまま)直進して!”という希望です。
「左折専用レーン」である旨をご説明することで、殆どの場合はご納得いただけますが、
たまぁ~に!
舌打ち混じりに“難癖”を付けれることもあります。

『ちょっとお願い...』ならまだいーいのですが
(そう言われても「直進」することはしませんが...( 一一))、

『融通利かないなぁl』とか、
『ケチくせいなぁー』等など...

★もし(お客様が)運転免許を持っているとしたら、

『相当・自分勝手ですねぇ!』とか、
『運転免許...返却なさった方がいーいのでは?』
と言い返したくなるような言動をする方もいますし、

★仮に(お客様が)運転免許を持っていない場合でも、

『今・説明申し上げましたよねぇ!』
と言ってしまいそうになることも多々あります。

また、昨日のこと...
桜田通りを下り、第一京浜(国道)にある「札の辻」という交差点で「右折」のため・信号待ちをしていた時、
対向車線において、品川方面から(「札の辻」を)左折するタクシーを待つお客様の様子が目に入りました。
時間的には夕方(のこと)。
なかなかタクシーが来なかった模様で、車道に出て、それも交差点の直前にまで近づき乗車しようとしていた次第。

ことの顛末は(信号が“青”になったため発進したので)見届けることはなかったのですが...
『とにかく危ない!』の一言に尽きます。

左折する側からの死角にて(それも車道上での)「乗車希望」は...
“マナー”に留まらない“モラル”の問題であると(も)考えられます。
事故の原因にもなりかねないこと(小さなお子さんでも判るようなこと)なので...
決して、そのような愚行は止めていただけるよう!強く思う次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿