2017年10月10日火曜日

「通称道路名」が変わる交差点(ポイント):その2

厳密に言えば...“外堀通り”は、
「新橋駅銀座口前交差点」から(左折→別名:電通通りを経て)、東京駅(八重洲口)に向かうのですが...
“ほぼほぼ”(^^; 4方向から異なる「通称道路名」が接している珍しい交差点となっています。

その交差点に向かって“外堀通り”を流している時、
「西新橋交差点」あたりでご乗車。

『“外堀通り”を、このまま!上野方面へ...』
と言われると、

( ̄へ ̄; ムムム...“試しているのか?”との勘ぐり、
そして・言葉どおり、「新橋駅銀座口前交差点」で、
一端・曲がり(別名:電通通りを経て)、
「新常盤橋交差点」から“江戸通り”→それから“昭和通り”か?
との想いを巡らせながら...

拙い経験上からではありますが、「無いなぁ」!?とは思いつつ、
でも...とりあえず、
『はい!かしこまりました。それでは(道なりに)“昭和通り”のアンダーパスを通って、
上野方面に向かわせていただきます。』
と保険をかけつつ、進行することになります。(^^;
さて・さて(話は変わりますが)...
私の住んでいる近くのエリアで、紛らわしい「通称道路名」のひとつが、
海岸通り”と“旧海岸通り”です。
出典:掲載(抜粋)イメージ 東京都建設局/ 東京都通称道路名地図(区部拡大版)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/content/000006191.pdf

さほど、トラブルの原因になるようなものではないですが...
勘違いされている方が多いご様子なので、注意は払っている次第です。

例えば(大井競馬場・鮫洲試験場付近で)、
『“海岸通り”を芝浦(方面)へお願いします。』
と言われた場合...

“海岸通り”は(そのまま)品川駅・港南口方面にまっすぐ進行すると、
「新東海橋交差点」で“旧海岸通り”と名称が変わります。

『“海岸通り”を芝浦(方面)へ...』
といった「指示」通りに進行するとなれば、
「新東海橋交差点」を右折、
更には
「天王洲アイル交差点」を左折、
高速道路の下を走りながら、芝浦(方面)に向かうことになります。

そこで...
「新東海橋交差点」先の“旧海岸通り”を、
“海岸通り”と勘違いしている場合も想定。

そして・お客様が勘違いされている場合は...(敢えて)「指摘」することなく、
うま~い具体的に・お送り先を聞き出す必要が出て来るというわけです。
そういった配慮を(地理に)不慣れな地域で行うのは、難しいですよねぇ。

私の場合...
不慣れな地域で、お客様をお乗せする際は、
『すみません!このあたりは(地理に)不慣れなもので...
道のご案内・お願いしてもよろしいでしょうか?』
と(いきなり...)エクスキューズから始めることが間々あります。(^^;
※経験上、その方がトラブルが少ない気がしている次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿