2017年10月14日土曜日

タクシー(運転手)“あるある”:その5

これまで、
タクシー(運転手)“あるある”:その1
1)『1万円札を(よく)出される日』がある!
に始まり...
タクシー(運転手)“あるある”:その4
7)『eyeコンタクトしたのに...』をご紹介!
といった...
タクシー運転手(側)の“あるある”をご紹介してきました。

今回:第5弾として、
8)ずーと「まっすぐ」の定義!
を記事にしたいと思います。

タクシー運転手にとって、
切っても切れない間柄(^^;(避けては通れないお客様)のひとつが“酔っ払い”です。

そういったお客様がよく使うフレーズ(指示)が...
とにかく“まっすぐ”(行って)!

かなり酔っているため、目的地を告げる事ができないお客様に、
こういった方が多いのですが...

まず(前提として)かなり酔っているので、目的地の近く・遠くに関わらず、
乗車した方向が適当なものかさえ怪しい限りです。

そういったことを考慮しないで、
とにかく“まっすぐ”進行した場合...
トラブル(『どこだぁー此処は?』)になり兼ねなく、
かといって、
目的地を(詳細に)聞き出そうとすれば、別の“厄介事”が発生!?といった具合。
※とにかく「困った」お客様です。

だんだんと経験を積んでいくことで、
うま~く(それとなく)目的地を聞き出せる術というものを習得していくものなのですが...
新人時代は「苦行」以外の何物でもなかったです。
※経験を積んだ今でも「苦行」には変わりないですがねぇ。(^^;

さて、お題の
ずーと「まっすぐ」の定義!
ですが...

私が勤めている営業所に、語り継がれるエピソードがあります。

ある新人さんの話らしいのですが...
“ずーと「まっすぐ」”とお客様に言われ続けて、

最終的に(目的地とは異なる)静岡まで行ってしまったというもの。

その新人(さん)が誰といったことは語られることはないところから、
あくまで都市伝説っぽい、
尾ひれが付きまくっている逸話なのでしょうが...

「想像」出来てしまうところが、
ちょっと面白くもあり、怖いです(よ)ねぇ。(^^;

#タクシーあるある

0 件のコメント:

コメントを投稿