2017年10月10日火曜日

続:運転者証(乗務員証)の裏側

以下のアドレスで...
車内のダッシュボード上にある氏名と顔写真が貼り付けてあるプレート「運転者証(乗務員証)」の裏側には何が書いてあるのか?
といった記事を掲載しました。
http://risoh4taxi.blogspot.jp/2017/10/blog-post_8.html

答え(正解)は...
『この面を客席に向けて表示すると違反になります。』
とのことをお伝えしたのですが、

その「記事」に、
http://search.yahoo.co.jp/やhttp://www.google.co.jp/といった検索エンジンを経由して、
かなりの方々が辿り着いていることを(ブログ用管理画面で)確認しており、
皆さま・ご興味ある様子...。

更に、「運転者証(乗務員証)」の表「面」そして裏「面」に関して、
勘違いしていたコトを、個人タクシーの方からご指摘いただけたので、
追加の記事を書かせていただきました。

「タクシー業務適正化特別措置法施行規則」の第十二条(運転者証の表示)には、
運転者証は、タクシーの前面ガラスの内側に、運転者証の表をタクシーの外部に、裏を内部に向けて、利用者に見易いように表示しなければならない。
と書かれています。
運転者証の表をタクシーの外部に
そして
裏を内部に向けて
とありますので...
氏名と共に顔写真が貼り付けてある部分が「運転者証(乗務員証)」の裏「面」

そして、
『この面を客席に向けて表示すると違反になります。』
と書かれている「面」が表ということになります。

ご乗車されたお客様から見た場合を想定(→便宜上)、
記事のタイトルは(そのまま)『運転者証(乗務員証)の裏側』にしておきますが...

指摘をいただいた個人タクシーの方には(ほんと!)感謝・感謝です。
※勉強になりました。m(__)m

0 件のコメント:

コメントを投稿