2017年10月14日土曜日

「Yナンバー」はじめて見ました!

先日、お客様が乗車中であったため、写真を撮る(まで)には至りませんでしたが...
米軍関係車両専用のナンバープレートを付けた車を(はじめて)見かけた次第。
“ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
米軍関係車両専用のナンバープレートは、ひらがなの位置に Y (日本国内で調達された私有車両)、
E (非課税車両)、A (オートバイ・軽自動車)などのアルファベットが書いてあるのが特徴で、
「Yナンバー」と呼ばれている。
出典:Wikipedia(在日米軍>米軍関係の自動車
  =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ”

さて...
ナンバープレートに、
使われていない“ひらがな”は「お」「し」「へ」「ん」の4文字。
「お」は、
「あ」と似ているため。
※誤認する恐れがあるため。
「し」は、
「死」を連想させるため(から)。
「へ」は、
屁(おなら)を連想させ、イメージが悪いため。
「ん」は、
発音しづらいため?

見慣れた“ひらがな”の位置に「Y」が配置されていたので、
結構な違和感がありましたねぇ。(^^)

さて(話は変わりますが)、
最近...「わナンバー」の車をよく目にします。

自家用車の維持には...かなりの負担(車両購入費・燃料費はもちろん。税金に車検・保険、更には駐車場代etc)が伴います。

そこで、
最近では、30分数百円程度で利用できるカーシェアリングが人気とのこと。
カーシェアリングは街中の車の乗り入れが規制されている欧州で急速に普及してきましたが、国内でも年々需要が高まっています。

「シェアリングエコノミーの台頭」といったところでしょうか。

昔は、
主に「サンデードライバー」といった方々が、
カーシェアリング(レンタカー)を利用するといったことが多かったような気がしますが...

最近、
「わナンバー」に乗る方の運転に“危うさ”を感じることが少ないのも、
カーシェアリング(レンタカー)の積極的な活用といった「背景」があるのかも知れませんねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿