2017年10月12日木曜日

防犯対策車(タクシー)

タクシードライバーになろうと思った時に、少々・心配していたことのひとつが「タクシー強盗」etcの犯罪でした。

他国ほど「物騒」ではないまでも...
タクシー会社各社では、様々な防犯対策を実施しているのは確かなことです。

まず・多くのタクシー会社が取り組んでいるのが「防犯仕切板」の設置。

アメリカのタクシーのように(運転席の)背後を完全に覆うタイプを日本で見かけることは(あまり)ないでしょうが、運転席の後ろに「防犯仕切板」を設置しているタクシーは頻繁に見かけるはず。

出典:掲載写真 二葉計器株式会社/ 防犯仕切板

そして・タクシーの最も象徴的な目印でもあり、屋根の上に設置されている「行灯(あんどん)」とも呼ばれているランプ。

これは、タクシー強盗が横行した頃に、強盗から守るための「防犯灯」として取り付けられたのが始まりとも言われており、私の乗っている車両のハンドル下方に(も)非常用スイッチがあり、ONにすると「行灯」が赤く点滅したうえで、自動的に無線センターに(緊急を知らせる)連絡が入るようになっています。

因みにですが...私は、
この「非常用スイッチ」を誤ってONにしていまい、無線センターや営業所から安否確認の連絡が入るといった失態を「やらかして」しまった経験があります。(^^;

その他、最近・タクシー会社各社が力を入れ始めているのが「防犯カメラ」の設置でしょう。

文字通り、カメラで不法行為・その犯人を映すものであり...
その存在は『不法行為を(未然に)抑止する』ための警告といったものにもなっているようです。

また...
乗車する際の後部ドアに貼ってある『防犯カメラ搭載』シールにも、
『不法行為を抑止する』効果を期待している模様。

ただ...
以前(乗務・運転中)、前を走るタクシーのトランク後方部分に貼られている
防犯対策車』と書かれたシール(ステッカー)を発見。

このシールを見るのは“後続する車両の運転手(くらい)だよなぁー?”と考えてしまった次第です。(^_-)-☆
※「乗る前のお客様が見ることはないだろうなぁー!」と思った次第。

0 件のコメント:

コメントを投稿