2017年10月12日木曜日

英会話(タクシー運転手向け):降車編

「チャイルドロック」とは、小さいお子さんの事故防止のため、
後部座席ドアを内側から開けられないようにする機能。

ドアを開けてチャイルドロックのつまみをON側に動かし、そのままドアを閉めると、
お子さん等が誤って内側からカギを解除してしまっても、ドアは開かなくなります。

通常のタクシーは、(会社・営業所の指導による違いはありますが...)
この「チャイルドロック」を右側の後部座席に設定している場合があります。
※左側に寄せて停車した際に、交通量が激しいとされる右側に(後方確認をすることなく)降車されないようにするため。

また・左側の後部座席は、運転手(さん)が手でレバーを引っ張ることで開く!
いわゆる...「手動式オートドア」になっています。
そのあたりの(日本独特の)「サービス」をご存知ない外国の方も多いため...
料金の「支払」後、勝手にドアを開けてしまうケースも多いです。
↓そこで...
D:The door is automatic. Leave the open and close to me.
自動ドアです。開閉は(私に)任せて置いて下さい。
と言い方を覚えておくと(余計な)トラブルが未然に防げるような気がします。

また...
忘れ物をさせないようにするために!
D:Please make sure you don't forget anything.
(Don't forget your things, please.)
お忘れ物のないように!
といった表現があります。

そして(降り際)...
D:Have a good day!
良い日を(お過ごしください)!
と言うと、

P:You,too.
あなたもねぇ!
と気持ち良くご降車いただくことが出来ると思います。

P.S.
タクシーを“利用する”ための英語(表現)は、書籍やネットでも容易に見つけることが出来ますが、
タクシーを“運転する”側の「それ」は、なかなか無いですねぇ。(T_T)
そこで...
ネットなどでいろいろ確認・アレンジした「タクシー運転手向け」の英会話をUPしています。
多少の海外(滞在)経験はありますが、そーとー昔々の話。
⇒かなり「錆びついて」いますので、間違っていたら(優しく!)ご指摘ください。
※D→Driver、P→Passenger(お客様・乗客)の意。

#タクシー英会話練習中


0 件のコメント:

コメントを投稿