2017年10月10日火曜日

いーい運転手に出会い(あたり)たいですよねぇ...。

乱暴な運転や無愛想な態度に、不快な思いをされた方も多いのではないでしょうか。
そういった方々に(特に)ご紹介したいのが、今回の話題です。

まずは、『気分を害する』態度・行為とは?
●ロクに返事もしない
●急発進に急ハンドル
●“カックン”ブレーキ
●降りる際にドアを「バタンッ!!」
●接客態度が(とにかく)悪い
●道を知らない!
●回り道された!
●乗車拒否
●「タクシー臭」問題
※きっと、まだまだあると(は)思いますが...。

今回の話題は...「いーい運転手さんに出会いたい(外れの少ないタクシー運転手の見分け方)!」ですから、
言い換えれば、上記のような態度・行為をとらない運転手さんのタクシーに乗りたいということですよねぇ。

でも「乗る前」に判るの?
はい、ある程度ですが...判ります。(^^)
ひとつの見分け方は、通称「黒タク」を探すことです。

「黒タク」...?

そぉー、文字通り、黒塗りのタクシーです。
ただ、一口に「黒タク」といっても多種多様(多くのタクシー会社さんがいろいろな黒塗りのタクシーを運行させています)。

そこで、お薦めなのが...
日本交通さんの「黒タク」です。

日本交通さんでは「黒タク」に乗務するためのいろいろな基準を設けています。
※もちろん、タクシーに乗り始た乗務員(新人)さんに、「黒タク」を乗務させることはないようです。

細かい基準としては、1日の急発進(数)・急ブレーキの回数なども、タコメーターで(毎回)記録・管理しているようで、基準を超えるような荒い運転はNG。

また、以前の記事に「東京特定指定地域(特別区、武蔵野市及び三鷹市)の場合、 東京タクシーセンターというところで地理試験にパスする必要もあります」と書きましたが、
「黒タク」に乗るための選考過程でも同じような問題に合格する必要があるようです。

そういった基準を(一定期間)満たした乗務員さんが、更に研修を受けた後、“晴れて”「黒タク」に乗務することが出来るようになるみたいです。(^^)
出典:掲載写真 日本交通HP/ セドリックのなら日本交通

「必ずしも(いーい運転手さんに出会える)!」という訳ではありませんが...(^^;
日本交通さんの「黒タク」を、探して(試して)みる価値はあると思いますよぉ。

追伸!
もちろん「黒タク」以外の車両に乗務している運転手(さん)にも、いーい方はたぁ~くさんいます。(^^♪

また、今回は日本交通さんの「黒タク」を中心にご紹介させていただきましたが、他のタクシー会社さんでも、いろいろな基準を設けて「顧客満足度UP」に向けた取り組みをされていると思います。
具体的な情報をお持ちの方は、是非ともご連絡(コメント)いただければ幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿