2017年10月29日日曜日

豊田真由子(元)議員と似たようなお客様

「普段からの暴力もひどく、過去に100人近くの秘書が辞めている」とも伝え聞かれた、
自民党:豊田真由子(元)議員の秘書への暴言と暴力。
その後...
山尾志桜里議員の不倫疑惑報道、そして先の衆議院議員選挙報道と、そのインパクトは薄れた感がありました。

妻の出産時に育休宣言しながら不倫していた宮崎俊介、
不倫相手と重婚まがいの写真を撮っていた中川俊直、
そして「ピンクモンスター」との異名もある豊田(元)議員と...
自民党「魔の2回生」のスキャンダルも続きましたが、
野党の足並みの悪さもあり、ご存の通りの選挙結果。

さて、
“ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
<学歴>
平成 2年 :私立桜蔭中学校卒業 
平成 5年 :私立桜蔭高等学校卒業
平成 9年 :東京大学法学部卒業
平成14年:米国ハーバード大学大学院修了(理学修士)
<職歴>
平成 9年 :厚生労働省(旧厚生省)入省



出典(情報ソース):衆議院議員<とよた真由子 公式サイト>
http://toyotamayuko.com/profile.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ”
絵に描いたようなエリートが引き起こした前代未聞の振る舞いでした。

弱きを助け、強きを挫く」ならぬ
下いびりの上諂い(しもいびりのかみへつらい)」といった
タクシー利用者(お客様)をたま~にお見かけします。( 一一)

「ええかっこ(いいカッコ)」しいタイプのお客様
http://risoh4taxi.blogspot.jp/2017/10/blog-post_92.html
でもお伝えした...

接待されている側(の方)が降りるやいなや
後ろを振り返りたくなるくらいの豹変ぶりを見せるお客(様)や、
取引先らしき方との電話での媚(こび)た口調とは裏腹の高圧的な態度など...

その方の“器(の大きさ)”が垣間見えることが多々ありますねぇ。(^^;

さて・さて、今回の衆議院選挙の豊田候補...
自民党からの公認も(当然ながら)無いなか、
「(玉砕覚悟で?)逃げることなく」立ち向かっていた姿は(個人的には&生意気ながら)評価できるとは思っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿