2017年10月14日土曜日

バックで走行した場合のタクシー料金

信号などで止まっていても徐々にではありますがタクシー料金は加算されていきます。
そういった料金体系のことを「時間距離併用制運賃」と呼びます。

東京23区内と武蔵野・三鷹市の営業区域では、今年(2017年)1月30日からタクシーの初乗り運賃が下がり、
410円という見慣れない料金からスタートすることへの違和感も“今は昔”となった次第。

そして(今回)...
あらためて、1月30日の料金改正を含めて...
「時間距離併用制運賃」について、整理してみました。
●「初乗り」は730円から410円となりました。
●「初乗り」に係る距離は2km→1.052kmと短くなりました。
●「初乗り」の距離を超えた場合の「加算料金」は90円から80円となりました。
●「加算料金」は、
改定前→走行280mごとに90円
※10km/h以下の走行時(例えば渋滞・信号待ち時)は105秒ごとに90円
改定後→走行237mごとに80円
10km/h以下の走行時(例えば渋滞・信号待ち時)は90秒ごとに80円
★1km単位の「加算料金」は、
改定前→321.428円
改定後→337.552円
1km単位の「加算料金」差は約16円(の値上げ)
★「初乗り」をスタートとして、1.052km+0.237km+0.237km+0.237km+0.237km(合計2km)、言い換えれば、410円+80円+80円+80円+80円(合計730円)といった具合に、4回メーターが上がると、改定前の「初乗り」になるというわけです。

さて・さて...
タイトルに(も)した「バックで走行した」時のタクシー料金はと言えば、
↓↓↓
距離メーターは動かず、時間メーター分だけが課金されるようです。

因みに
高速道路利用時には、高い通行料を払っているので、渋滞による料金加算は行わないといった配慮からか?
タクシーには「高速ボタン」といったものが用意されています。
※このボタンを押した際には、時間(制)が無効化されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿