2017年10月14日土曜日

紛らわしい「行き先(送り先)」

先日、
日比谷のパレスホテルに行ってくれる...
と言われた。

非常に感じの良いお客様で、
行き先の告げ方も決して感じが悪いものではなかった。

ただ...
日比谷のパレスホテル?
とのリクエストに少々の困惑を覚えた次第。

「パレスホテル」さんには初めて行かれるご様子。
住所などもご存知ではありませんでした。

内堀り沿い大手門にあるパレスホテルでよろしかったでしょうか?
と確認すると...
『たぶん、そうだと思うよ』
とのご返答。

知る限りの“パレスホテル(およびその系列)”は、
認識している“日比谷”というエリアには存在しないはずでは?

そ~いった...
いろいろな思い(想い)を巡らせながら、
内堀り沿い・大手門にあるパレスホテルに(取り急ぎ)お送りしたところ、
『たぶん、ここ!ここ!』
と気分よくご降車いただけた次第。

後で調べてみると...
『現在の東京都千代田区東部に江戸時代初頭まであった“日比谷入江(ひびやいりえ)”は、
江戸湾(東京湾)北西奥に、新橋付近を湾口として北に伸び、北端は現在の大手町にまで達した。』
との説明をしているサイトも存在。
上記↑↑↑出典(情報ソース):Wikipedia<日比谷入江>

お客様がどのあたりまでを、
日比谷と認識されている(いた)?
のかは(今でも)不明だが...

無事にお送り出来て良かった!良かった!
という次第。(^^;

因みに、
「パレスホテル(東京)」さんの所在地は...
東京都千代田区丸の内1-1-1
「帝国ホテル東京」さん、「ホテルオークラ東京」さん、
そして「ホテルニューオータニ」さんの東京ホテル御三家を上回る
平均客室単価を実現しているとの報道に(も)相応しく思えてくる次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿