2018年1月30日火曜日

タクシー関連法のまとめ2

タクシー(運転手)に関係する法律・法令の主なものは以下の6つ。

●タクシー業務適正化特別措置法
※タクシー業務適正化特別措置法施行規則
●道路運送法
●旅客自動車運送事業運輸規則
●一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款
●道路交通法
●道路運送車両法


回(タクシー関連法のまとめ1)は、
タクシー業務適正化特別措置法」について整理しましたが、
今回は道路運送法」を取り上げてみたいと思います。

この法律は、道路運送の分野における利用者に対するサービスの円滑かつ確実な提供を促進すること等を目的としたもの。

具体的には...

★第13条(運送引受義務)

「空車」表示の際は、運送を引き受けることを前提としているので、法的根拠なく...運転手の都合で引き受けを断ることは出来ません。
また、
その法的根拠とは、
当該条文、
そして「旅客自動車運送事業運輸規則」の第13条に規定されており、
該当する場合に限り...運送の引受け及び継続の拒絶が可能となるわけです。
因みに...
当該条文に規定されている「拒絶の条件」は以下の通りです。
①当該運送の申込みが第11条第1項の規定により認可を受けた運送約款
(標準運送約款と同一の運送約款を定めているときは、当該運送約款)
によらないものであるとき。
→許可運賃以外の運賃によるもの
などが挙げられます。
「3,000円で〇〇まで行ってよぉ!」などがそれに当たります。
②当該運送に適する設備がないとき。
→「車内・トランクに収納不可能な携行物がある場合」などがそれに当たります。
③当該運送に関し申込者から特別の負担を求められたとき。
④当該運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
⑤天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき。
⑥前各号に掲げる場合のほか、国土交通省令で定める正当な事由があるとき。
※なお...「旅客自動車運送事業運輸規則」の第13条については、
次回の「タクシー関連法のまとめ(3)」ご説明する予定です。

★第14条(運送の順序)


『一般旅客自動車運送事業者は、運送の申込みを受けた順序により、旅客の運送をしなければならない。ただし、急病人を運送する場合その他正当な事由がある場合は、この限りでない。』
と定められており、
要するに...後から乗車を希望したお客様が
「チケット振り・振り」していても、
先に乗車を希望したお客様が優先となるわけです。

★第20条(禁止行為)


「東京特定指定地域」には、特別区(23区)そして武蔵野市及び三鷹市が指定されており...
タクシーに乗務するうえでは、それぞれ「営業区域」というテリトリーが存在します。
当該条文には、
一般旅客自動車運送事業者は、発地及び着地のいずれもが、その営業区域外に存する旅客の運送(路線を定めて行うものを除く。)をしてはならない。
と規定されています。


旅客運送契約して良い例(「東京特定指定地域」)
品川駅高輪口(港区)→蒲田駅東口(大田区)
※「営業区域(内)」なのでもちろんOK!
池袋駅東口(豊島区)→横浜駅西口(横浜市)
川崎駅東口(川崎市)→東京タワー(港区)
※乗車地もしくは降車地が「営業区域(内)」なのでOK!

客運送契約してはいけない例(「東京特定指定地域」)
川崎駅東口(川崎市)→横浜駅西口(横浜市)
※乗車地及び降車地が共に「営業区域外」なのでNG!

といった事柄etcが明記されています。

P.S.
当該「タクシー関連法のまとめ」は、
晴れて今年(2018年)タクシー運転手デビューを果たした“クロちゃん”の復習を兼ねて、
タクシー(運転手)には...こんなにも関する法律・法令があるんですよ!』といったことを知っていただくために書いている記事(ブログ)です。 

2018年1月28日日曜日

続「相乗りタクシー」実証実験

2018年01月21日に「相乗りタクシー」実証実験についての記事を書いた次第ですが、

この「相乗りタクシー」...

追加で書き足したいことが(次から次へと)出て来ているので、
補足したいと思います。

まず、01月22日(月曜日)からの予定が、あの大雪で24日にスタートが延期になりました。
そして・その24日から、
実証実験を行っている1社である
大和自動車交通 <東証2:9082>の株価が連日のストップ高で買い気配となっています。

24日、国土交通省と共同で、タクシーを相乗りで割安に利用できるサービスの実証実験を開始したと発表。複数のメディアで取り上げられており、これが刺激材料となっている。
出典(情報ソース):Kabutan「大和自が連日ストップ高...」
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201801260232

割安な料金による利用頻度の高まり、そして・本格導入に向けた商機拡大による収益貢献が期待されている模様...

ただ、
01/24に1,000円だった株価は、01/26には1,600円になっていますが、
その出来高は、
01/25が22,900、そして・01/26は4,900と、
この銘柄にしては、多い模様ですが、
1,000円を1,600円に押し上げる(一般的な)出来高としては疑問が残るところ。
※単元株数は100株

投資は自己責任が大原則としたうえで...

この銘柄は非貸借銘柄のため、売建は行えませんが、
出来ることならば(個人的には&以下に記す補足からも)どこかのタイミングで行いたいと思ってしまいますね。

さて・前回の記事で、
(JapanTaxi株式会社→日本交通さんのHPを情報源として)
「相乗りタクシー」は...
“相乗り”出来るのは2組までのようです。
また『正確には「2名」までのようです。
と書きましたが、
大和さんのHP(http://www.daiwaj.com/ainoritaxi/)には、
3人まで相乗り可能となります。
となっていました。

同じ目的で行っているはずの“実証実験”なのだから、
同じ条件で行うのが「筋」ではないかと思ってしまいます(よ)ね。

また・これは運転手仲間からの「又聞き」の「又聞き」なので、
その信頼性における、完全性を保証するものではありませんが...
無線を実際に受けた乗務員さんの話(らしいが...)。
その・お客様は“どぉーしても「相乗りタクシー」を利用したかった”模様らしく、
かなりの(回数の)申込をしたらしいのですが、なかなかマッチングしなかったようです。

「2名以上での乗車禁止(日交さんだけ?)」「領収書が発行されない模様」「60分くらい待たされる可能性」etc
まぁ、確かに...
申込には、二の足を踏んでしまいそうです(よ)ね。

何はともあれ!「スマート」な制度作りを願うばかりです。
※何か追加情報がありましたら...続編をUPしたいと思います!(^^)/


P.S.(補足⇒2018.2.2に追記)
日交さんは「領収書」を(必要に応じて?)
メールで送ってくれるようです。
※(個人的には)消費者目線のサービスとはとても思えませんが...。

2018年1月21日日曜日

タクシー関連法のまとめ1

これまで「21_道路交通法&タクシー関連法」カテゴリーで、
タクシーに関連する法律・法令をランダムにご紹介して来ました。

また、2017年11月29日付:タクシー運転手になるうえでの心得!?
において...
25年来の知人(後輩)がタクシー運転手への一歩を踏み出したことを記事にしましたが、
その後輩が使っていた講習資料を読み直している際...
このあたりで、
法律・法令を整理してみたいと思った次第です。

さて、タクシー(運転手)に関係する法律・法令の主なものは以下の6つ。

●タクシー業務適正化特別措置法
※タクシー業務適正化特別措置法施行規則
●道路運送法
●旅客自動車運送事業運輸規則
●一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款
●道路交通法
●道路運送車両法


そして・今回は、
タクシー業務適正化特別措置法」について整理したいと思います。

この法律は...
その第1条にも書いてあるとおり、
『タクシーの運転者の登録を実施し、指定地域において輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験を行うとともに、特定指定地域においてタクシー業務適正化事業の実施を促進すること等の措置を定めることにより、タクシー事業の業務の適正化を図り、もつて輸送の安全及び利用者の利便の確保に資することを目的』
としているものです。

具体的には
タクシーに乗務してお客様を乗せることが出来る免許⇒「運転者証(乗務員証)」に関する登録&取消ルール、
その「運転者証(乗務員証)」の表示義務、
更には、
2017年10月10日付:銀座でタクシーに乗るにはルールがある?
でもふれている「タクシー乗場及びタクシー乗車禁止地区の指定」...
いわゆる「銀座乗禁ルール」などといった事柄までも明記されています。

また「タクシー業務適正化特別措置法」には、
細かいルールを記した「タクシー業務適正化特別措置法施行規則」というものが付帯しており...
『運転者証は、タクシーの前面ガラスの内側に、運転者証の表をタクシーの外部に、裏を内部に向けて、利用者に見易いように表示しなければならない。』
※第12条(運転者証の表示)
といったルール等が明記されています。

P.S.
当該「タクシー関連法のまとめ」は、
晴れて今年(2018年)タクシー運転手デビューを果たした“クロちゃん”の復習を兼ねて、
タクシー(運転手)には...こんなにも関する法律・法令があるんですよ!』といったことを知っていただくために書いている記事(ブログ)です。

「相乗りタクシー」01/22にスタート

2017年12月20日でご紹介したとおり...
http://risoh4taxi.blogspot.jp/2017/12/blog-post_20.html
「相乗りタクシー」の実証実験が明日(01/22)からスタートする模様です。
※終了は2018年03月11日(日)

相乗りタクシーとは...
“ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
同じ方向へ移動したい人と「相乗り」することによって、通常の6~8割ほどの料金で
お得にタクシーを利用することができるサービスです。

出典(情報ソース):JapanTaxi株式会社
https://ainori.japantaxi.jp/
  =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ”

さて(スタートするにあたり)上記アドレスの説明、
そして、運転手ネットワークを駆使して得た情報をもとに、
今回は「相乗りタクシー」を“深掘り”したいと思います。

なお・事前に申し上げておきますが、
この取り組みは「実証実験」らしく、
途中・ルールの変更も考えられますし、
アナウンスなども混乱しているものと想定・危惧しているので...
かなり読み込み&いろいろな方にヒアリングをしましたが、
その信頼性、正確性及び有効性等における、完全性を保証するものではありませんので(そのあたりは)ご了承ください。m(__)m


では(まずは)箇条書きにて...m(__)m
1)乗車前に金額が分かります。
詳細は(昨年・更新した)ブログでご確認ください。
http://risoh4taxi.blogspot.jp/2017/12/blog-post_20.html
2)支払は事前に行う模様です。
※日交さんお得意の「ネット決済」というものですね。
上記ブログに『「支払い」時に(は)“揉めずに”...料金をいただきたいものです!
といったコメントをしましたが杞憂(余計なお世話・心配)だったようです。(^^;
3)“相乗り”出来るのは2組までのようです。
ご存知のように(通常のタクシーには運転手を含み)5名までの乗車が可能なので、
2組以上の“相乗り”も視野に入れていると思いましたが...違っていました。
4)上記に「2組」と便宜上・書きましたが、正確には「2名」までのようです。
1組の上限は1名までの模様です。
※言い換えれば、友人・知人と一緒に“相乗り”することはできないようです。
友人・知人と一緒に“相乗り”したい場合は(システム上・可能かどうかはともなく)あらためて乗車申込をする必要がある模様で、
更には.(「1組」として)2名以上で乗り込もうとした場合は断られるようです。
5)領収書は発行されない模様です。
多分・メーターを途中で切ることが(オペレーション上)出来ず、更には1組目が降車する時のメーター料金が(イコール)その降車する方の「(支払対象)料金」と、必ずしも一致しないためだと思われます。
6)キャンセル料金が発生する場合がある模様です。
同乗者が確定すると、アプリ上に同乗者の情報が表示され、タクシーがお客様の元へと向かい始めます。この間、アプリ上の「相乗りキャンセル」ボタンにてキャンセルしていただくことは可能ですが、キャンセル料が提示料金の100%発生します。
出典(情報ソース):JapanTaxi株式会社
キャンセルポリシーより
https://ainori.japantaxi.jp/cancelpolicy.html
7)ルール違反によるキャンセル料も発生する可能性がある模様です。
「乗車人数が2名以上」「事前の申告なく大きな荷物を持っていた」などといった場合にもキャンセル料(100%)が発生する模様です。
8)60分くらい待たされる可能性がある模様です。
申込をした後、同方向に向かう利用者が現れるのを待ち&マッチングする行程があるためのようです。
9)予定時間に遅れると置いて行かれるみたいです。
通常の「配車(無線)」の場合は、相当(遅れても)待ってくれますが、
“相乗り”であるため(相手がいるため)、
基本的には待ってくれないようです。
遅れて・乗れなかった場合にも、キャンセル扱いになる模様です。

さて、ようやく...
「相乗りタクシー」の全貌が見えて来ましたが、
みなさんはどのようにお感じになりましたか?

乗客(お伽様)目線で見た場合、
「2名以上での乗車禁止」「領収書が発行されない模様」「60分以上待たされる可能性」
など...
???が付いてしまいましたし、
タクシー運転手目線からすれば...
どのタイミングで「配車」情報が送られるのか?
が気になりました。

もし1組目の申込段階で「配車」が発生した場合、
最大60分くらいの“待機”時間が生じるということ?
そして・2組目の申込(“相乗り”確定)時に、配車するといったポリシーであったとしたら...
その段階で配車可能な車両がいなかったら...どうするのだろう?
と思ったわけです。

タクシー業界(全体)の発展を前提としたトライアルは歓迎ですが、

まぁ(これは・あくまで)「実証実験」なのでしょうが...
こんな(大がかりな)システムを構築する前に、
もっと精査・ブラッシュアップすべき事柄&課題があるような気がした次第です。


P.S.(補足⇒2018.2.2に追記)
日交さんは「領収書」を(必要に応じて?)
メールで送ってくれるようです。
※(個人的には)消費者目線のサービスとはとても思えませんが...。

有名人が乗車したら?(アンケート結果)

貴方はタクシー運転手!有名人が乗車したら?
というタイトルで...

タクシー運転手(さん)、
そして・もし貴方がタクシー運転手だったらといった想定で、
“有名人が乗車したら?”
どうする?どうする?


といったアンケートをしておりました。
回答いただいた方...m(__)m

アンケートの選択肢と結果は以下のとおりです。
1: 乗せた事は黙っている
(53.1%)
2: 家族OR同僚だけに伝える
(34.4%)
3: 知人・友人にも自慢する
(6.2%)
4: 別のお客様にも自慢する
(6.2%)

個人的な(事前)予想に反して、
知人・友人などにも“黙っている方”が多んだなぁーといった印象。

弁護士や医者などには「守秘義務」がありますが、
タクシー運転手には?
といったブログをUPした経緯があります。
※2017年10月12日付:タクシー運転手の「守秘義務」 

車内での会話で知り得た情報(取引先企業、新商品、各種データetc)の漏洩がもとで、何等かの被害を生じた場合は、民事で損害賠償を求められる可能性もあることを書きましたが...

そのあたりも「浸透(自覚)」しているのかな?
とアンケート結果となった次第です。

さて(話は変わりますが...)、
アンケートの第2弾は、
タクシー運転手にとっての“理想のお弁当”?
是非とも皆さまのご意見をお聞かせください。m(__)m

2018年1月20日土曜日

初乗務(日)の新人です。

いやぁ、最近・ブログの更新が出来なくなって...(^^;
※お久しぶりです。m(__)m

2017年11月29日付:タクシー運転手になるうえでの心得!?
において...
25年来の知人(後輩)がタクシー運転手への一歩を踏み出したことを記事にしました。

その後輩が01/17(水曜日)に、初めての「一人乗務」を行った次第。

2日前の01/15(月曜日)には、上長が助手席に同乗しての乗務。
お客様が希望された行き先が判らなくとも、
“上場に聞けば(上長がいるから)...”といった安心感があったが、
「一人乗務」の場合は、そういった場合も自ら解決しなくてはならず、
緊張の連続→連続→連続となるわけです。

さて、
「一人乗務」に伴い...
「安全第一」は大前提として、
2つのテーマ(課題)をもって臨んだ次第。

1つ目は、
大きな声で挨拶した場合の(お客様の)反応を確認。
※好印象?逆効果?
そして・2つ目は、
『新人なもので...』といった場合と
(「新人」を封印して)『このあたりは不案内なもので...」と言った場合、
どちらの方が、スムースに対応できるか?
といったテーマ(課題)です。

1つ目のテーマ(課題)ですが、
“道も判らないのに、大きな声は...”と、
本人自体がしり込みしたみたいで、
検証としては、今ひとつといったところだった模様。

ただ・もともと人当たりの良い方(後輩)なので、
「悪い印象」を持たれた様子はなったようです。

この1つ目のテーマ(課題)は、
『大きな』というよりは『元気な』といった表現の挨拶を続けることで、
好印象なのか?それとも
逆効果なのか?(道も知らないくせに元気だはいーいなぁ..."(-""-)")
といった検証を続けていってもらえればと思っております。

そして、2つ目のテーマ(課題)ですが...
それほど(営業職etcでガンガン!走りまわたっていた経緯・経験があったわけでもないので...)
東京の道に“明るい”わけではない後輩にとっては、
どの地域もある意味「地理不案内」であったようで...
『新人なもので...』といったフレーズに終始した模様。

ただ...
上長からのアドバイスで『初乗務(日)の新人なもので...
といったフレーズを使っていた模様、

へぇ(今日が)初乗務なんだぁ~”といった具合に
お客様との会話もはずんだ模様。

この“初乗務(日)云々”といったフレーズ(表現)...私も目から鱗であり、
なるほど~!
と感心した次第。(^^)

さて・今日(01/20)は、2日目の(一人)乗務を頑張っている模様。

2日目ではあるが...
初乗務(日)の新人なもので...』と言っているのかな?

とにかく「安全第一」で無事・帰庫して来てね!(^^)/

2018年1月7日日曜日

成人式と流し方

平日は、昼間人口が圧倒的に多く、ビジネス目的での利用も多い、比較的・安定してお客様をお乗せできる可能性が高い、山手線の内側および沿線付近で営業するようにしているが...
土曜・日曜そして祝日は、営業所が城南地区であることや、住まいが大田区であるため、
「地元」で営業する機会もあります。

さて、今年3回目の乗務を(昨日)無事・終了することが出来ましたが...

明日も出番、そして・明日は「成人の日」。
「雨の予報」ということもあり...
式典に行く方々が、多く利用されることが予想されます。

大田区の場合、京急「梅屋敷(駅)」と「京急蒲田(駅)」の中間、第一京浜沿いにある大田区総合体育館で新成人のための式典が催されます。

大田区の総人口は約70万、そして・新成人の人口は6,000名くらい。
すべてが式典に出席するわけでは決してないでしょうが、親御さんや彼氏・彼女といった同伴者もいるため、体育館(周辺)はかなりの人が集まることになります。

私も大田区出身なので、何年いやいや...何十年前かに(式典に)出席。
訓示などについてはすっかり忘れてしまいましたが(^^;、友人のとのやり取りや当時・人気だった「少女隊」がゲストで来てくれたことなどを懐かしく思い出します。

大田区総合体育館は2008年3月・老朽化により取り壊され、6年前・今の(新しい)体育館にリニューアルされました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが...
この体育館は、新日本プロレスの旗揚げ(1972年)をはじめ、全日本プロレスのジャンボ鶴田VSスタン・ハンセンの三冠ヘビー級王座統一戦などが開催された格闘技の聖地。

去年の大晦日にもボクシングの世界戦が行われていました。

大きなイベントは日曜・祝日に行われることが多く、終了時にはかなりの人が体育館周辺でタクシー待ちをしており、ちょっとしたフィーバー感を味わえます。

そして、乗車(行先)の傾向らしきものが在り、流し方にも(大したものでありませんが...)ちょっとしたコツがあります。

先にも書いたとおり、体育館は第一京浜沿い、それも下り車線側に位置しています。
上りに比べると下り車線沿いにお客様が多いのですが、下り車線沿いでタクシー待ちをしているお客様はJR「蒲田(駅)」を行先とする方が多いように感じます。

そういったことを鑑みて、私は上り車線でお客様をお乗せできるように流すようにしています。

上り方向には京急「梅屋敷(駅)」があるのですが、そこまでは歩く方が殆ど、
JRでは...「大森(駅)」が最寄りとなり、そこそこの距離。更には上り車線でお待ちの方はそれ以上の距離になる行先を希望されることが多い傾向にあるように感じている次第。(^^♪

さて・話題は「成人の日」に戻りますが...
(最後になりましたが)ご成人おめでとうございます。
“大人としての自覚を胸に”これからも頑張ってください。

今年(2018年)も宜しくお願いします!

遅くなりましたが...
あけましておめでとうございます。m(__)m

2日(明け)は嫁さんの実家へご挨拶、
3日(公休)は家でゆっくり過ごしましたが...

元日、4日(木曜日)、そして6日(昨日・土曜日)と、
今年3回目の乗務を...お蔭様で無事・終了することが出来ました。

例年・元日と2日は乗務する運転手は多くなく、
各営業所から出庫する車両も限らています。

そういった理由もあり..
元日と2日は意外と忙しいもの。

今年もご多分に漏れず&有難いことに、
沢山のお客様に利用いただきました。m(__)m

新年の挨拶から帰宅されるお客様が、
夜&住宅街から無線で呼ばれるケースも多い次第です。

そして、
カレンダー(曜日)によっても違うのですが...

今年の4日(木曜日)は「仕事始め」の方も多かった模様。

ただ(業種・職種にも因ると思いますが...)、
午前中の挨拶だけ、
また・神社へお参りに行かれ、
そして・その足で「新年会」へ!といった方もいらっしゃったご様子でした。

6日(昨日・土曜日)は「とにかく暇な日」でした。

年末・年始にお金を使ったためか?
街に繰り出す方も少なく、
「土曜日」ということもあり・ビジネスマンの姿も疎ら...
“厳しい1日”となりました。(^^;

さて・家に帰り、
嫁さんが作ってくれた七草粥を食べましたが...

早いもので、
今日は「松の内」の最後にあたる7日。
※所説あり!(15日という説も!)

今年も皆さんにとって良い年でありますよう...
頑張っていきましょう!